読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

EBiDANミュージック・アワード2016

EBiDANミュージック・アワード2016のブログアカウントです。非公式の企画のため、スターダストプロモーション及び各レコード会社とは全く関係ありません。

【追記】EBiDANミュージック・アワード2016開催に関して

EBiDANファンの皆さま、あけましておめでとうございます。

EBiDANミュージック・アワード2016です。

既に投票をしてくださった皆さま、Twitterやブログで存在を知り投票を検討してくださっている皆さま、Twitter等で拡散にご協力くださる皆さま、今このブログを読んでくださってる皆さま、本当にありがとうございます。

EBiDANミュージック・アワード2016の開催に至った経緯や思いは一番最初のエントリー【はじめに】でも書かせていただきましたが、今回はもう少しだけその「思い」の部分を深く書かせてください。



もともと主催者である私はEBiDANファンではありませんでした。むしろ、EBiDANを初めて知った頃は、おそらく自分とは今後ずっと縁のない世界なんだろうなとまで思ってました。

そんな自分の中のある種の「偏見」を打ち破ってくれたのが、EBiDANアーティストの楽曲そのものでした。「EBiDANって、実は素晴らしい楽曲がたくさんあるんだな、知らなかった!」と感動したことが大きなきっかけとなり、もっとEBiDAN自体を知りたいと思うようになりました。そしてCDを購入したりライブ映像を見るようになるうちに、EBiDANアーティストやメンバーもどんどん好きになっていきました。

バラエティー豊かな楽曲を歌ったり踊ったり楽器を演奏するEBiDANメンバーはみんなキラキラ輝いています。メンバー自体が全員それぞれ素晴らしい逸材であることは言うまでもありません。ですが私は、楽曲がメンバー自体の持つ魅力をますます高めてくれていると同時に、メンバーが楽曲に思いを込めてパフォーマンスをしてくれるからこそ楽曲そのものもますます魅力的に聴こえるのではないかとも思っております。楽曲とアーティストは一心同体で互いにその魅力を高め合う関係であるという当たり前のことをEBiDAN楽曲を通じてあらためて実感することができました。

また、EBiDAN楽曲は楽曲コンセプトが明確であるからこそ、スタッフや楽曲制作陣の狙いや思い入れがとてもよく伝わってきます。よって、EBiDANアーティストが音楽によって輝けるのは、楽曲と楽曲を生み出す制作陣、生み出すことを支えるスタッフの力もとても大きいのではないかと思うのです。

 

私自身、EBiDAN所属メンバー・楽曲制作陣・スタッフが全力で生み出してくれたそんな素晴らしい楽曲に、つらいとき、苦しいときに何度も救われました。楽しい楽曲には、元気をもらいました。ライブやイベントで盛り上がる楽曲が披露させる時にはファンの方々との一体感や高揚感を感じることができました。何よりEBiDANメンバーと楽曲を愛するたくさんの素晴らしい仲間・ファンの皆さまと出会うことができました。これらのことは私にとって何よりもかけがえのない出来事です。たくさんの喜びと出会いを提供してくれたEBiDAN楽曲は私にとって宝であり、そんな大切な楽曲を是非たくさんの方々に知っていただきたいなと日ごろからずっと願っております。

 

アーティストのファンをしていて、誰かを推している以上、そのメンバー自身が一番大事であることはもちろんのことです。私自身もそうです。ですが、何かの理由で特定の楽曲が大切な存在になること、また逆に特に理由はないけど、聴いていて楽しくなる、だから大好きな楽曲はあるのではないかと思います。そんな楽曲に対するエピソードを思い返していただきながら、その思いを共有し合い、さらにはその楽曲やアーティストのことをよく知らない方にも教えてあげて広げていきたい…そんな思いからEBiDANミュージック・アワード2016の企画を立ち上げました。

 

そこでもしよろしければではあるのですが、お願いがあります。

 

まず是非投票に参加をしていただきたいなと思います。

 

素敵な楽曲、そして皆さまの大好きな楽曲を通じてそのアーティストの魅力を是非教えていただきたいと思っております。

 

あとは、可能な限りで、EBiDANミュージック・アワード2016の存在を知らない方にも伝えてあげていただくことにご協力いただけたら嬉しいです(Twitterでの拡散、記事に対してはてなブログブックマークをつけていただく、ハッシュタグをつけて投票楽曲についてつぶやくなど、可能な限りで大丈夫です)。

 

できれば特定のアーティストのファンの方々だけではなく、幅広くいろいろなEBiDANアーティストのファンの皆さまにご参加いただくことで、企画を盛り上げていきたいと考えております。EBiDAN全アーティストのファンの、ひとりでも多くの方々に届くことを心より願っております。

 

どうかお力を貸してください。よろしくお願いいたします。

 

<対象楽曲>

 

こちらのページからご確認ください。

 

<お問い合わせ>

 

お問い合わせはEBiDANミュージック・アワード2016用Twitter(@ebdn_m_awards)のDM欄までお願いいたします。DMを開放しております。

 

投票入力フォームはこちらになります。

 

Twitterハッシュタグ(#ebdn_m_awards2016)を作りました。自分が投票した楽曲の紹介など、Twitterの話題等に是非ご利用ください!